MIRAI Office - Lund, Sweden

北欧と日本の間のIT先端技術、デザインとエンターテイメントの領域でビジネス・コンサルティングを提供しています

イノベーションについてスウェーデンから学べること

スウェーデン?

「スウェーデンってIKEAとかH&Mとか?おしゃれなデザイン?あっ、イブラヒモビッチ!」。本国では「スラタン」と名前で呼ばれている一流サッカー選手の言いにくい苗字を覚えている人は結構いても、残念ながら日本では『スウェーデン=イノベーション』といったイメージは、一般には浸透していないようだ。少し前は高齢化社会・高福祉の国として馴染みが深かった。
 
先日の日経ビジネスの特集にある通り、今、ディスラプティブなイノベーションと言えばシリコンバレー。少し視野を広げてもSlushで有名なフィンランドや、最近フィンテックで沸くロンドンやニューヨークだろうか?

イノベーションの世界ランキング

近年ではSkype、Spotify、遡ればペースメーカーやシートベルト、ブルートゥース等の世界中で身近なイノベーションを起こしてきたスウェーデンは、欧州委員会が毎年発表している「イノベーションの成績表」Innovation Union Scoreboardでも、ここ数年、加盟国中1位のスコアをキープしている(2015年(英語)2014年(日本語))。

Innovation Union Scorecard 2015
 
調査では比較のため、スイス等の欧州のEU非加盟国や米国、韓国、日本等のスコアも出しているが、スウェーデンは2015年のグローバル比較でもトップのスイス、韓国、米国に次ぐスコアとなっている。

スウェーデンから学べることは? 

世界の人口のわずか0.13%を占めるにすぎないスウェーデンが、インパクトの強いイノベーションを起こし続ける理由としてスウェーデン国の公式ホームページでは、「国に息づく起業家精神、学術・公共機関とビジネスの間の密なコラボレーション」等を挙げている。
 
国家レベルでイノベーション促進のための相互ネットワークを推進していく北欧のイノベーションシステムは確立されており、スウェーデンの無料の高度教育制度や、組織に属しながらも自由に起業できる環境等(Oppoutunity Sweden記事)も他国と比べれば特徴的だろう。

ストックホルム、 スコーネ 、コペンハーゲン

教育制度等の大きな枠組の変更は難しくても、日本にいては出会えないスウェーデンのスタートアップ界隈のニュースやアイディアに何かヒントがあるかもしれない。
このブログでは、ICTやテレコム、ライフサイエンスといった分野で元気のいいスタートアップを創出し続けるスウェーデンの南端・スコーネ地方を中心に、ストックホルムや隣国デンマークの状況についても紹介していきたい。
 
 

© MIRAI Office AB 2015 - 2018