スウェーデンのゲーム業界・成功の背景と秘訣

Melker Dahlstrand/imagebank.sweden.se
 

北欧発ゲームが世界で占める位置

2016年に世界中の注目を集めたデンマーク・Playdeadの『Inside』や、Ubisoft新規IPの初週売上記録を更新したスウェーデン・Massive Entertainmentの『The Division』。さらに、いまだに人気の衰えないスウェーデン発の『マインクラフト』や『キャンディクラッシュ』まで、北欧発のゲームは世界の中で重要な位置を占めている。

「なぜ北欧の小さな国々から数多くのヒット作が生まれるのか?」という問いに対して私もこれまでも様々な説明を聞いてきたが、最近、Massive EntertainementのCEO、David Polfeldtによるスウェーデンのゲーム開発カルチャーに関する非常によくまとまった講演ビデオを見る機会があったので、ぜひご紹介したい。

講演は2013年のE3で『The Division』の発表を行った後、同様の質問攻めにあったDavidが同じ年のDICE Europeで発表したもの。彼は現在は400人を超えるかなり大きなスタジオの経営者だが、元々は「貧乏な画家」になるつもりで勉強していた芸術家で、生活のために始めたウェブデザイン、さらにはゲームスタジオでのマネジメント業が見事にハマった変わり種の経営者でもある。

厳しい自然が生んだもの

回答をまとめるにあたってDavidが取った手法は、イギリスの作家ジョン・ロンソンに習い、様々な立場の人間から広く意見を集め全体像をあぶり出すというもの。彼は忙しい中、世界中のゲーム・スタジオやパブリッシャーのデベロッパーや経営者達、またはジャーナリスト、大学の教授、社会人類学者などの識者にも電話を掛けて、以下の2つの質問をスウェーデンのゲーム業界の現状に関して投げかけた。

1つめは「現在の活況の土台となる背景はなにか?」というもので、

まずスウェーデンや近隣北欧諸国の気候は厳しいことから

  • 土地を耕したり生き延びて行くにはよい道具が必要だった
  • 肩書や階級などではなく本当に役立つアドバイスをくれる人を信用すべきとの態度が形成された
  • 計画性を持って物事を進めることが重要視された(すぐに冬が来る!)

の3点が指摘され、現代のスウェーデンのゲーム開発もこの基本的に立脚しているとする。

David Helgasson of Unity
開発者にはおなじみのUnityもデンマークから(2016年8月・マルモで)

道具に関しては更に「機能的である」「実用的である」ことを実直なまでに追い求めるのがスウェーデン式だそうで、この精神により生み出された(もしくは改良された)モンキーレンチやファスナー、ペースメーカーなど皆がお世話になっているスウェーデン発の優れた道具は確かにファンシーさのかけらもない。

またスウェーデン人は、自身の名を上げるというエゴを優先させるよりも、プロジェクトを成功させたい、うまくいっていないものを前に進めたいという欲求が非常に高いとの指摘もあった。

物語、HomePC、英米文化、ワークライフ・バランス

更には

  • バイキングやケルト文明時代から連なる歴史あるストーリー・テリング文化
  • 1990年代後半、政府主導ですべての家庭にPCを普及させる目的で「Home PC」プロジェクトが実施されたこと
  • 第二次世界大戦後、アメリカやイギリスのアングロサクソン系のTVや映画を始めとする文化にどっぷり使った(海外の番組は基本的に字幕で放送される)

点も他の国にはないユニークな点かもしれない。また特にスウェーデン人以外から指摘があったとして

  • ワーク・ライフ・バランス 

が挙げられた。スウェーデンでは、長期にわたる夏季休暇や長期の育児休暇をとることが定着しているが、これにより雇う側も雇われる側も長期的に計画を立てることを要求される。これがマラソンに例えられることもあるゲーム開発における長期的計画の重要性とマッチしているのかもしれない。

実際、DICEやMassive、Machine Gamesなどのスタジオでは離職率が低く、スタジオ設立当時から働いている人も数多いらしい。経営側からすると熟練の技術者が居続けてくれることが、次のプロジェクト、更にその次のプロジェクトへと長期に渡る成功を支える大きな要因となってくれる。

一番のスウェーデンらしさはスウェーデンではないところ?

Little Nightmare
マルメのスタジオTasierの新作もこの春にリリースされる

ビデオの後半は、「スウェーデンのスタジオが成功しているとすれば、その成功の秘訣は?」という2番めの質問に関するまとめで、上記で解説した背景を脈々と受け継ぐスウェーデンのスタジオで実践されていて、他の国のスタジオでも参考にできそうな7つの成功の秘訣がまとめられている。「どうせやるなら、ちゃんとやる」、「コツコツコツコツ」や「個人の手柄よりチームの成功」など日本人にはすんなり腑に落ちるものも多い。

またDavidは最後に、現在のスウェーデンのゲームスタジオを最もスウェーデンらしくしていることについて述べている。

「例えばMassiveではウズベクスタン、ニュージーランド、イギリスやアメリカなど合計13カ国から来た人達がスタジオの約3割を占める。他のスウェーデンのスタジオでも20から25%くらいを占めるようだ」ということで、純スウェーデンではないことがスウェーデンを最もスウェーデンらしくしているという指摘して締めくくっていた。

タイトル画像クレジット・Melker Dahlstrand/imagebank.sweden.se

 

 

マルメの新ミーティングスポット・STUDIO

マルメのStudio
 

 Studioのオープンハウスに行ってきた

去年、このブログでも『ダイナミックにダイナミックな都市をつくる・マルメ』として取り上げた変革著しいマルメ。そんなマルメの中央駅近くに、ますますマルメを盛り上げてくれそうな新しいスポットSTUDIOがオープン。10月14日(金)のオープンハウスに参加した。

WORK, STAY, PLAYを備えたクリエイティブ・スタジオというコンセプトのSTUDIOは、通常のオフィス・スペースの他、誰でも使える貸ミーティングルームにコ・ワーキングスペースから、さらにスタイリッシュなホテルやアジアンBBQのテラスレストランを始めとしたおしゃれな飲食店も満載でちょっと楽しい新ミーティング・スポットとなりそう。

2階への階段、兼打ち合わせスペース
2階への階段、兼、打ち合わせスペース

1階の入り口を入って2階にあるミーティングスペースとコ・ワーキングスペースへの移動は、待ち合わせにぴったりでちょっとした打ち合わせもできるラウンジを兼ねた大きな階段。日本だったらエスカレーターが絶対設置されてそうだが、こちらではみんな勢いよく階段を登る!

オープンハウスといっても、パブリックなテナントの完成度は60%程度くらい?でまだまだ工事中のところが多い。このおおらかさというか、ゆるさは多分日本ではちょっと理解できないレベル。これがスウェーデンのいいところでもあり、イケてないところでもある。

14階建てのビルには以下のテナントが入っているので、近くの方はぜひ一度どうぞ。Malmö Liveの25階にKitchen & Tableができた際にもマルメが急に都会になった感じがしたが、Studioの14階にあるテラスは外に出ることができマルメのまた違った風景が楽しめる。

パブリックテナント

暗証番号で開けるのホテルのドア
暗証番号で開けるのホテルのドア

Story Hotel 既にストックホルム他にオープンしているおしゃれなコンセプトホテル。スウェーデンではオフィスビルなどの入口で暗証番号がよく採用されているが、ホテルの個室ごとに採用されているのは始めて遭遇。

Meetingpoint 4-5人から最大200人まで収容の9つのミーティングルーム。別途1階にコンサート、ビデオ撮影・ミージック収録等に使える着席で150人、スタンディングで300人収容できるフレキシブルなスタジオBlackboxも(まだ工事中で12月にフルオープンする)

United Spaces ストックホルムに続いてオープンするコ・ワーキングスペース。2017年2月頭にオープン予定でそうでまだまだバリバリ工事中。。。

United Spacesの利用料金
United Spacesの利用料金

レストラン

14階から見る新しい景色
14階から見る新しい景色

The Black Ox  イギリスのレストラン企業家Jonathan Luchのプロデュースのレストラン。1920年代のグラマラスなムードでシーフードやフレンチを味わえる。

Fish & Chip Shop 北欧近海でとれる4種類のエコな魚から選ぶフライドフィッシュと、スコーネのじゃがいもで作ったフレンチフライ。こちらもJonathan Luchのプロデュース。これはちょっと食べてみたい!

Grilljanne Asian Roof Top BBQ  最上階14階で大きなテラスとカクテルバー併設。 10月24日(月)にオープン予定。

すぐ近くには素敵なレストランがいっぱい詰まったMalmö Sallhalenのオープンも11月11日(金)に予定されており外食好きには忙しい(?)時期が来そう。

サルハーレンにはPink Headのラーメンスタンドもできるそうなので、期待してます!

 

 

 

移動手段シェアリングの未来はパリに!

 

自転車シェアリングを初めて経験したのは2014年10月にサービスが導入されたばかりの港区自転車シェアリング。当時働いていた六本木一丁目から虎ノ門ヒルズまでランチに行くのに利用した。1時間100円(現在は150円)という利用料金と電動アシスト付自転車の快適さも相まって、使える楽しいサービスという印象が残った。

Lundahoj
Lundahoj

東京を離れ2年ぶりに戻ってきたスウェーデン・ルンドでも、ちょうど同時期の2014年8月よりLundahojという自転車シェアリングが始まっていた。しかしこちらでは自転車を既に所有していたためサービスを試す機会がなかったが、先日自分の自転車を1週間メンテナンスに出した際に早速登録して使ってみた。

結構大きく重そうな自転車だったので勝手にルンドも電動アシストと思っていたら、普通のギア付き自転車で少しガッカリ。が、もっと驚いたのはその料金の安さ。年間の登録費として75クローナ(本日の為替レートで約900円)を払えば、後は30分以内の利用なら1年中何度使っても無料。登録と利用時には日本のSuicaのような普段、公共交通機関で使っているICカードを兼用できる。

どうしてこれだけのサービスをこの料金で提供できるのか調べてみたところ運営は、ルンド市から優先的にバス停などの広告スペースを使える権利を入手することを条件にサービス実施契約を結んでいるJCDecauxが行っていることが分かった。

JCDecauxは世界56カ国で屋外広告事業を展開するフランス発の大手広告代理店で、日本でも2000年から三菱商事と合弁会社を立ち上げ、大型商業施設やバス停等での広告を手がけている。スウェーデン始めヨーロッパ各国・各都市の快適なバス停環境はこの会社によって保たれているといっても過言ではない。

現在では全世界70都市で実施されているJCDecauxのこの自転車シェアリングサービスは(日本では富山市で実施されている)、2005年にフランス・リヨンで始まり2007年にはパリにも導入された。

パリのVelibは現在では1800の貸出・返却ステーションに2万3600台の自転車があり、パリっ子はもとより観光客にも人気のサービスとなっている。登録したクレジットカードに150ユーロの保証金を一時担保されるものの、利用料金自体は一日利用の場合の登録料はたったの1.7ユーロ(約200円)、ルンドと同じくパリでも30分以内の利用は無料だ。

Velib in Paris
パリの格安自転車シェアリング。超楽しい〜♪

 

先週訪れたパリでも早速使ってみたが、テロの影響で観光客が激減しているせい?もしくは自転車を移動させるメンテナンスの人達がバカンスで休んでいるせい?なのか返却できるステーションを見つけるのが少し難しかった以外は快適な使い心地だった。

真夜中に手続きを行う怪しいスウェーデン人の夫
真夜中に手続きを行う怪しいスウェーデン人の夫

同様にここまで簡単にサービスを提供できるとは!と感心したのが、既に2011年12月からパリ市とその近郊に導入されている電気自動車シェアリングサービスautolib

Velib, Autolibともサービスの概要は日本自動車教育振興財団が発行している情報誌 Traffi-Cation 2014年春号の記事「フランス・パリの 官民共同カーシェアリング」によくまとまっているが、このサービスの手軽さは使ってみないとわからない。

宿泊していたパリ郊外の友人宅からヴェルサイユに行くには、電車よりも車の方が断然便利と分かった深夜に、友人宅から徒歩3分の使用開始登録ができる24時間オープンのautolibステーションまで出向き、無事即座に登録カード発行。

後は上のリンク先記事にある通りとっても簡単に使えて、思わず「パリ市、ヤルじゃん!」と座布団を一枚差し上げたくなるほど。

上述の様に自らあまりリスクを取らずとも、JCDecauxとの協業で自転車シェアリングを成功させたパリ市においても、EV車シェアリング導入は当時パリ市長であったベルトラン・ドラノエのイニシアチブがなければ多分実現は難しかっただろう。

自動車交通削減と代替公共交通機関充実を自らの重点施策として掲げていた彼の強力なリーダーシップがあってからこそ実現できたであろう、電気自動車シェアリング。

スペイン出身の現パリ市長かつパリ初の女性市長アンヌ・イダルゴの元でautolibは経済的に成り立つのか?といった総括検証は未だ実施されていないものの、使用できる車体数が増えているなど、一定の評価は受容している様に見受けられる。

街のあり方を変えていくのは、どんなに強い反対があろうとも自らの信念に基づき、大胆な改革を推し進めていく政治家の力に負うことが多い。

日本の政治家の皆様、覚悟はいかがでしょうか?

 

 

 

 

Introducing Rimono!

Rimono

 

Residents of Lund city might have heard about  a company called Uniti, who is developing a new type of short-range electric city car. What’s impressive with Uniti is its way of developing, namely, open-source approach. OCVehicle’s TABBY EVO is an another one. They are developing open source Vehicle Development Kit (VDK) for electronic vehicles (EV) and many projects are coming out from their platform. 

Uniti Prototype
Uniti prototyp

Such new movements in the rigid car industry are more than welcome, and those new comers seem to attract urban millennials who are conscious about environmental issues and curious about new technologies by presenting futuristic stylish cars.

 

 

Japanese Rimono, on the other hand, has a quite different starting point and approach to same short-range electric city vehicle category. “Introducing Rimono!”の続きを読む